【崩壊3rd】ディラック 聖痕解説

【崩壊3rd】ディラック 聖痕解説

幻蝶ゼーレのモチーフ聖痕ディラックの解説になります。

Advertisement

ディラック

  • ディラックT: A
  • ディラックC: A
  • ディラックB: S
  • 2セットスキル: S
  • 3セットスキル: S

 

ディラックT

会心率最大20%アップの能力を持つ物理アタッカー用聖痕。

上げにくい会心率を大幅に上げるのはそこそこ強いがこの聖痕単体が強いかどうかで言うと微妙な所。

基本的にセット用と思ってください。

 

ディラックC

爆発状態時の全ダメを大幅に上げる能力を持つ。

しかし最大倍率まで上げるのは時間がかかり、仮に最高倍率でも爆発状態限定ということを考えるとそこまで高い倍率ではないと思います。

Tと同様にセット要員として使うことをおすすめします。

 

ディラックB

物理ダメ+20%に加え、極限回避時にEPを持続回復できるバフを自身にかけることができる聖痕。

瞬発力こそないが、9秒で14EP近く回復できるのは間違いなく強く、ディラックや量子奇点のような継続戦闘の場で輝くことが可能。

汎用性が高くEPを必要とするすべてのキャラに使える。

比較対象としてシュレバンドBがあるが、シュレバンドBはEP回復+攻撃速度アップ、ディラックは物理ダメアップ+EP回復で、

両者のEP回収量はほぼ同じであるためディラックBの方が単体としては使いやすいんじゃないんかなとは思います。

セットスキル

2セットスキル

物理ダメアップが高倍率で強い上に持続時間アップは非常に嬉しい。

この2セットスキルがあるだけで単体の微妙な性能を十分に補うことは可能である。

セットスキル的には超優秀な部類に入ると思います。

 

OSスキル

脆弱付与の時間が短くほぼ自分用だが、自身で脆弱付与できるようになるともはや脆弱サポートを受ける必要性すらないのでとりあえず殴るだけで良くなるのが強い。現在日時に設定

またTCB単体のバフが18秒になるのも嬉しい。OSスキルの鑑といえるほどうまく単体の弱みを補えている。

Advertisement