【崩壊3rd】ディラック+童謡 ピックアップ解説

【崩壊3rd】ディラック+童謡 ピックアップ解説

ゼーレのモチーフ聖痕ディラックとモチーフ武器童謡の解説になります。

Advertisement

ディラック

  • ディラックT: A
  • ディラックC: A
  • ディラックB: S
  • 2セットスキル: S
  • 3セットスキル: S

 

ディラックT

会心率最大20%アップの能力を持つ物理アタッカー用聖痕。

上げにくい会心率を大幅に上げるのはそこそこ強いがこの聖痕単体が強いかどうかで言うと微妙な所。

基本的にセット用と思ってください。

 

ディラックC

爆発状態時の全ダメを大幅に上げる能力を持つ。

しかし最大倍率まで上げるのは時間がかかり、仮に最高倍率でも爆発状態限定ということを考えるとそこまで高い倍率ではないと思います。

Tと同様にセット要員として使うことをおすすめします。

 

ディラックB

物理ダメ+20%に加え、極限回避時にEPを持続回復できるバフを自身にかけることができる聖痕。

瞬発力こそないが、9秒で14EP近く回復できるのは間違いなく強く、ディラックや量子奇点のような継続戦闘の場で輝くことが可能。

汎用性が高くEPを必要とするすべてのキャラに使える。

比較対象としてシュレバンドBがあるが、シュレバンドBはEP回復+攻撃速度アップ、ディラックは物理ダメアップ+EP回復で、

両者のEP回収量はほぼ同じであるためディラックBの方が単体としては使いやすいんじゃないんかなとは思います。

セットスキル

2セットスキル

物理ダメアップが高倍率で強い上に持続時間アップは非常に嬉しい。

この2セットスキルがあるだけで単体の微妙な性能を十分に補うことは可能である。

セットスキル的には超優秀な部類に入ると思います。

 

OSスキル

脆弱付与の時間が短くほぼ自分用だが、自身で脆弱付与できるようになるともはや脆弱サポートを受ける必要性すらないのでとりあえず殴るだけで良くなるのが強い。現在日時に設定

またTCB単体のバフが18秒になるのも嬉しい。OSスキルの鑑といえるほどうまく単体の弱みを補えている。

Advertisement

 

ディラックとシュレバンドの比較考察

ディラックは総じて爆発状態持ちの物理アタッカー向けの優秀な聖痕と言えるでしょう。

特にゼーレとは相性が抜群で、他にも白夜や強襲と言ったキャラにも適正は高いと思います。

そこで同じく爆発系物理アタッカー向けのシュレバンドと比較してみましょう。

※ゼーレが装備した場合じゃなく白夜など他キャラも含みます。

単体比較

T: こちらはシュレバンドTの方が断然使いやすいと思います。セットスキルでさらに持続時間と効果が強化されるのでよりディラックTとの差を感じる。

C: どっこいどっこい、爆発状態での火力はディラックのが上ではあるがシュレバンドCはそもそもあまり使われること自体ないので比較対象としていいかは微妙

B:シュレバンドBとディラックBはほぼ互角、多少ディラックの方が使いやすさはあれど正直大差ではないです。

 

2セット比較

シュレバンドと言えばTB2セットが超優秀、真ん中にエカチェリーナCやプランクCを刺すだけで万能な物理アタッカー向け聖痕になる。

ディラックのセットスキルも非常に優秀だが、シュレバンドは単体が強い分、単体の能力が薄めなディラックは若干見劣りする印象。

ただしゼーレはチャージなので2セットスキルが腐るためよりディラックの方が向いている。

 

ディラックOSとシュレバンドTBエカチェリーナCの比較

OSとなるとディラックはOSスキルが強力なため一層強くなっている。

ただしそれはあくまで他に脆弱付与手段を考慮しない場合で、

例えばシュレバンドTBエカチェリーナC装備の白夜が神恩とタッグを組むと特にOSスキルのメリットはなくなる。

なので分岐攻撃を持つ白夜や逆神のようなキャラはよりシュレバンドの方が向いているんじゃないかなと思います。

 

ゼーレの場合はそもそもチャージなのでディラックの方が向いています。

 

結論

ゼーレにはディラック、白夜や逆神のような分岐持ちにはシュレバンドTBの方がまだ強いと思います。

 


童謡

武器スキルは律者の空無の鍵に似たような能力で、律者状態に必要な律者エネルギーを回復する空無と同様に、童謡は必殺技で必要な暗影ゲージを回復することができる。

ゼーレは暗影ゲージが空になると爆発状態が切れるのでこの武器スキルは必須と言っても過言ではないほど。

この武器を持っているかどうかでもゼーレはかなり大きく変わるのでゼーレを使いたい方はぜひとも引いておきたい。

Advertisement