【崩壊3rd】葉采章 聖痕解説

【崩壊3rd】葉采章 聖痕解説

葉采章の聖痕解説になります。

Advertisement

葉采章

QQ截图20180629022501.png

  • 葉采章T:A+(2セットの場合)
  • 葉采章C:A+
  • 葉采章B:B+(2セットの場合、単体B)
  • 2セットスキル:S+
  • 3セットスキル:B+

 

葉采章T

 

S4AZ_1.png

2セットスキル前提の能力、単体では無能力。

結界内のパーティー火力を上げるため、サポーターが装備することでアタッカーの火力を上げることができる。T単体の上げ幅はイマイチ。

 

Advertisement

葉采章C

S4AZ_2 #209960.png

待機中はチームの氷元素を上げ、出場時は自分の氷元素ダメを上げる聖痕。

氷元素キャラが勿忘と黒羽2人しかいないのと最適ではないことからA+止まり。

主にセットとしての役割を果たすことが多い。

 

葉采章B

S4AZ_3.png

 

2セットで能力のもう半分が発動する。

攻撃速度アップに全ダメダウンと普通に使える能力だが、残念ながら葉采章というサポート聖痕でニュートンBと被るB位置はあまり使うことがないと思われる。

 


Advertisement

セットスキル

2セットスキル

本聖痕の目玉は2セットスキルであり、爽やかな夏と同じく30%の元素アップの他に、なんと敵の元素被ダメを10%上げるという完全な爽やかな夏の上位互換である。

ここで元素被ダメアップは、ニュートンBや水着Cの被全ダメアップと掛け算計算されるため、より倍率が上がりやすい。

例えばベースの他聖痕プラススキルの倍率が元素ダメ+50%、全ダメ+50%にニュートンBが一枚載った場合、同じくTCで比較すると、

爽やかな夏TC:(150%+30%)×(150%) ×(131%) = 353.7%

葉采章TC: (150+30%+15%)×150%×131%×110% = 421.4925%

こんなざっくりな計算でも70%の倍率差、基本的に誓約の十字架の最適聖痕にキャラのスキルが加わるとベースの元素倍率と全ダメ倍率はもっと高く、もっと差が出るはずです。

 

3セットスキル

3セットスキルニュートンBを付けた方がいい場面が多く、あまり使われないが強力な結界が3秒増えるので記憶戦場よりもディラックや深淵との相性がいい。