【崩壊3rd】フカ・熾鳶攻略、特徴から装備構築まで

【崩壊3rd】フカ・熾鳶攻略、特徴から装備構築まで

精衛フカこと熾鳶フカの攻略になります。

更新バージョン:3.3~3.4、画像データ修復、新バージョン対応

Advertisement

フカ・熾鳶特徴

 

パーティーでの立ち位置:

サブアタッカー兼元素ダメアップサポーター。離火の印を付与することで味方の火力を上乗せし、退場時の元素ダメアップバフでパーティーの元素キャラ火力を上げることができる。

また自分自身もそれなりに火力があるため十分アタッカーとしても運用可能。

 

長所

  • 誓約の十字架同様、待機しててもパーティーメンバーが殴るだけで火力が上乗せされる離火の印という固有デバフが強力。離火を付与して待機するだけで味方の火力を大幅に上げることが可能となる
  • 誓約の十字架と違い複数対象に離火を付与できるため、集団戦でも優秀。敵に離れ火を付与して月光でグルグルしたり月輪でオラオラするだけで敵が勝手に溶けていく。
  • 離火の持続時間が驚異的な20秒という長さで付ける頻度はそこまで高くせずにすむ
  • 銀狼の屈折バリア同様、パーティー全員の元素ダメを上げるパッシブを持ち、SSに至っては敵の被元素ダメを上げるバフをかけることができ元素キャラとの相性がいい。
  • 必殺技は火力、範囲ともに高く使いやすい
  • 自分自身もそこそこの火力が出せるためそのまま殴ってもよろしい。

 

短所

  • 離火のダメアップができる聖痕が限られ、装備要求度が比較的高い
  • あくまでサブアタッカー、またはサポーターでメインアタッカーとしては若干火力が不安
  • コンボを出すまでに時間が若干かかるため深淵のような集団戦では扱いが難しい場面も多い

 

ランクアップ成長度

 

SSランクアップ成長度:☆☆☆☆☆

スキル「金衣公子」が非常に強力、敵の元素被ダメアップというのは、現状他に鮮血の舞とぐらいしかないため希少性があり、ニュートンBや水着C、さらにあらゆる自身の全ダメ、元素ダメアップ聖痕と掛け算で計算されるため倍率が上がりやすい。

SSSランクアップオススメ度:☆☆

大部分のキャラがSSで完成するように、熾鳶もSSで基本的に完成するキャラ。SSSで増えるスタン手段はまず通常攻撃と分岐攻撃の最後の一撃を与えるまでが長く、安全性としてはあまり期待できない、トリガーとしてどこかで使えるかも?というぐらいなのでそこまで変わったりしません。


Advertisement

最適武器

次善武器

モチーフとなる残火の鳶はもちろん最適で、なくても太虚の拳がかなり強い。記憶戦場においては太虚でQTEを発動したりもする。


 

最適聖痕

 

サブアタッカー特化

 

女カは場合によってシェイクスピアCでもいい

最高倍率はダーウィンBのほうが高いが、極限回避をしないでいい分楽師Bのほうが使いやすい。

 

元素サポーター特化

葉采章

元素サポーターに特化する時は葉采章を使うことも多い。基本的にはTCに加えニュートンBを装備することが多いかと

 

オジェT、水着C、ニュートンB

水着CとニュートンBといえば初期から愛される定番サポート聖痕。ただし水着は持続時間的に次のキャラに繋げにくいので構成を鑑みる必要がある。

オジェTは3.3バージョンでスキルが見直しされ、元素サポートの能力を得て非常に使いやすくなったためオススメ。

ただTは火力を熾鳶自身が火力を出すために緋玉丸やタレスを付けたりすることもあるので、オジェTが熾鳶の聖痕として適正があるかは少々難しいところ。

 

楽師2セット(C含む)

量子特異点での炎サポーターとして使用する際に、火力を出しつつ炎ダメと全ダメアップを味方に付与できるのが強い。

 


その他適正聖痕

緋玉丸TB

緋玉丸2セットはタレスがない際の代用枠として優秀、そもそもタレス持ってない人が緋玉丸持ってるかは微妙な話ではあるが

単体

T

 

C

 

B

 

☆3で言うと王昭君が優秀だが、楽師BまたはダーウィンBを手に入れればもう用済みになると思っていいでしょう。

 


Advertisement